エジプトで起こっていること

執筆者:フォーサイト編集部 2012年12月14日

本日の更新記事は、池内恵さんの「中東―危機の震源を読む(82)エジプト新憲法制定の行方──新体制への『一般意思』は示されるか」です。12月15日、エジプトでは新憲法草案への賛否を問う国民投票が行なわれる予定です。与党勢力と、反ムルスィー大統領勢力の対立構造は複雑ですが、この記事を読むと、重要プレーヤーである司法関係者のエジプトならではの特異な立ち位置がよくわかります。11月22日のムルスィー大統領の憲法宣言は、大統領が独裁化しかねない要素をはらんでいるものの、司法府の暴走を未然に阻止するという意味では、それなりに合理性のあるものでした。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top