国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史 (35)

アベノミクスは「仁徳ノミクス」を再現できるか

執筆者:関裕二 2013年2月15日
タグ: 日本

 巨大前方後円墳を間近で御覧になったことはあるだろうか。「山」にしか見えない。なぜこのような無駄な造形物が無数に存在するのか、不思議に思えてくる。そして、苦役に耐えた古代人に、深く同情するのである。

 しかし、「前方後円墳は、エジプトのピラミッドと同じように、公共事業だったのだ」とする説がある。

 かつて、ピラミッド造営は強制労働で、奴隷が泣く泣く作業に従事していたと信じられていた。ところが、実際には失業対策を行なっていたのではないかと、指摘されたのだ。ナイル川の氾濫する農閑期に国が仕事を与えたというわけだ。言い出したのは、経済学者・ケインズである。

カテゴリ: 政治 カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。武蔵野学院大学日本総合研究所スペシャルアカデミックフェロー。著書に『聖徳太子は蘇我入鹿である』(ワニ文庫)、『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)、『「死の国」熊野と巡礼の道: 古代史謎解き紀行』 (新潮文庫)など多数。最新刊に『神武天皇 vs. 卑弥呼 ヤマト建国を推理する』(新潮新書)、『古代日本人と朝鮮半島』(PHP文庫)、『「始まりの国」淡路と「陰の王国」大阪: 古代史謎解き紀行』(新潮文庫)がある。
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top