マニエルと荒川博、「専門家の部屋」2本

執筆者:フォーサイト編集部 2013年7月10日

本日の更新記事は、ブラッド・レフトンさんの「メジャーリーガーの打撃を変えたある日本人の『哲学』」です。1976年から81年の6年間、日本のプロ野球に在籍し、近鉄時代には2年連続ホームラン王やシーズンMVPにも輝いた「史上最強の助っ人」の1人である赤鬼・マニエル。その後、大リーグでは監督としてワールド・シリーズも制覇したマニエルが、自身のバッテイングを支えた荒川博氏の理論について語ります。そしてその理論は、多くの大リーガーに受け継がれています。

「専門家の部屋」では、2本の新エントリ。

『前任者の影』がちらついたオバマ大統領のアフリカ歴訪」(アメリカ、足立正彦さん):ブッシュはアフリカに貢献したのに、オバマはアフリカ系であるにもかかわらず、何もやっていない! こんな批判をはねのけるのも、アフリカ歴訪の狙いでした。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top