米国の「内なる敵」

執筆者:フォーサイト編集部 2013年8月16日

本日の更新記事は、春名幹男さんの「インテリジェンス・ナウ 『内なる敵』の情報漏洩に手を焼くオバマ――スノーデン事件の真因を衝く」です。先ごろ起こった「スノーデン事件」をはじめ、米国で情報漏洩事件が続いているのはなぜなのか。9.11テロを防げなかった反省から各情報機関でそれぞれの情報を共有できるようにした結果、重要情報へのアクセスが容易に。機密文書取り扱い資格を持つ者は500万人近くにもなり、情報管理は極めて難しくなっています。

「専門家の部屋」では、「安全保障」に「『集団的自衛権』容認の先にある難題――日米安保条約改定」(柳澤協二さん)の新エントリ。集団的自衛権の容認を、閣議決定による憲法解釈変更と「安全保障基本法」の制定だけで決着させるのは間違い。同時に日米安保条約も改定し、条約に反映させなければなりません。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top