中国「真珠の糸」戦略の狙いとは何か

石油資源確保のため、世界中で血眼になっている中国。最も重要な中東からのシーレーンについては、沿岸諸国に海軍の拠点を広げつつある。[ジャカルタ発]インドネシアのユドヨノ大統領は、七月二十七日から三十日まで中国を初めて公式訪問した。胡錦濤国家主席や温家宝首相らとの会談では、両国が今年四月に署名した「戦略的パートナーシップ宣言」の具体化策として、二国間の貿易額を二〇一〇年までに三百億ドルに拡大することで合意。また、ユドヨノ氏に同行した経済使節団は、総額七十億ドルを超えるジャワ島やスマトラ島での石油精製プラントや火力発電所の建設、鉄道建設などの大型プロジェクトに関する中国企業との協力協定に署名した。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top