防空識別圏をめぐる米国の本音

執筆者:フォーサイト編集部 2013年12月18日

本日の更新記事は、春名幹男さんの「インテリジェンス・ナウ 本音を覗かせた4回の米ブリーフィング――ADIZで翻弄された日本」です。防空識別圏をめぐり、日米は微妙な行き違いを露呈しました。米メディアに対するバックグラウンドブリーフィングを分析することで、米政府の狙いを探ります。

「専門家の部屋」では、「安全保障」に「秘密保護法と『安保版アベノミクス』の挫折のはじまり」(柳澤協二さん)の新エントリ。秘密保護法は成立したものの、世論の反発は残り、国会法改正という宿題も背負いました。「安保版アベノミクス」完遂への道は平坦ではありません。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top