いまだ捕縛されざる三人の極悪テロリスト

執筆者:黒瀬悦成 2005年12月号
カテゴリ: 国際

東南アジアでテロが続発するのは、当局の知らない「新世代テロリスト」が養成されているからだ。背後には神出鬼没の「旧世代」がいる。[ジャカルタ発]十一月九日、「東南アジアで最も危険な男」と呼ばれていたテロリストが壮絶な死を遂げた。過去に国際テロ組織アル・カエダとの連携が判明している東南アジアのテロ組織ジェマア・イスラミア(JI)のマレーシア人上級幹部、「ドクター・アズハリ」ことアズハリ・ビン・フシン容疑者が、東ジャワ州の隠れ家に潜んでいたところを警官隊に射殺されたのだ。 アズハリの遺体は、一緒にいた仲間が自爆死したのに巻き込まれ、バラバラの状態で見つかった。爆弾製造専門家であるアズハリの死で、JIのテロ遂行能力が一定の支障を来すのは確実。警察は現在、アズハリの“盟友”で、自爆テロ要員のスカウトに天才的手腕を発揮するJI上級幹部のヌルディン・ムハンマド・トプ容疑者の追跡に全力を挙げている。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top