1人っ子政策違反「張芸謀監督」の堕落と特権

執筆者:野嶋剛 2013年12月24日
タグ: 中国 台湾
エリア: アジア

 中国の世界的な映画監督・張芸謀(チャン・イーモウ)氏が、中国の1人っ子政策に違反して複数の子供をもうけながら、何のおとがめも受けていなかった問題が、年末の中国を騒がせ続けている。浮かび上がるのは、1人の反骨精神を持った映画監督が、いつしか「国師」と呼ばれるまでに持ち上げられて特権階級になっていた実態だ。

 張氏といえば「紅いコーリャン」「秋菊の物語」「活きる」などの名作を残した中国を代表する映画監督であり、かつては上映禁止になるような作品も撮った批判精神あふれる映画人だった。しかし、有名になるにつれて作風は変わって大型娯楽作品中心となり、北京五輪の開会式で総合監督を務めるに至って中国政府との密接さは際立つようになった。

カテゴリ: 社会 カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に『イラク戦争従軍記』(朝日新聞社)、『ふたつの故宮博物院』(新潮選書)、『謎の名画・清明上河図』(勉誠出版)、『銀輪の巨人ジャイアント』(東洋経済新報社)、『ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち』(講談社)、『認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾』(明石書店)、『台湾とは何か』(ちくま新書)、『タイワニーズ 故郷喪失者の物語』(小学館)など。訳書に『チャイニーズ・ライフ』(明石書店)。最新刊は『なぜ台湾は新型コロナウイルスを防げたのか』(扶桑社新書)。公式HPは https://nojimatsuyoshi.com
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top