「靖国参拝」、米議会の「党派対立」

執筆者:フォーサイト編集部 2013年12月27日

本日の更新記事は、会田弘継さんの好評連載「国際論壇レビュー:『靖国参拝』『日中衝突』と『米国の決断』」です。年の瀬も押し詰まったこのタイミングで、安倍首相は突如、靖国参拝を強行しました。これで懸念されていた中国、韓国との関係はさらに悪化しそう。とりわけ世界の論壇は、「日中関係」の緊張こそ世界平和最大の脅威と捉えています。

「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「米議会の『党派対立』は弱まるか」(足立正彦さん)の新エントリ。新年1月から始まる米議会で、与野党協議が改善の方向へ向かうとの期待感もありますが、実際はどうなのでしょうか?

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top