中国の「月面探査」は「無謀な軍拡」か

執筆者:高村悟 2014年1月12日
カテゴリ: 国際 政治
 何用あって月に行く? (C)AFP=時事
何用あって月に行く? (C)AFP=時事

 昨年12月2日、中国は月面探査機「嫦娥(じょうが)3号」を四川省西昌衛星発射基地から打ち上げ、6日には月の周回軌道に入り、14日に月面の「虹の入り江」に着地した。その後、月面探査車「玉兎」を月面に降ろし、月面探査が始まった。打ち上げ、月までの飛行、周回軌道からの着陸、探査車の操作、途中の写真やデータの送信などはきわめてスムーズで、中国の宇宙技術の高さを十分にうかがわせるものだった。月面に物体を地球から送り込んだのは米国、旧ソ連に続き3番目であり、日本やドイツ、フランスなどが成し遂げていないことを実現したことは評価できるだろう。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top