「人民元切り下げ」の衝撃:漂流始めた中国経済

 8月11日、中国人民銀行(中央銀行)は、人民元の実質切り下げとなる人民元と米ドルとの交換レートの基準値改定に踏み切った。21世紀に入って中国が「世界の工場」として輸出を伸ばし、貿易黒字を急激に拡大するなかでほぼ一貫してドルや円、ユーロなどに対して上昇してきた人民元の動きが方向転換し、人民元安に向かう。それは、中国経済が高度成長期をすでに終え、低成長時代に向かうことを意味するとともに、世界の企業が注目してきた中国内需の膨張も止まることを示す。世界は中国の新しい現実に対応する必要がある。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top