【インタビュー】ポール・ルセサバギナ 「ルワンダの教訓」から目を背けないで欲しい

執筆者:草生亜紀子 2006年3月号
エリア: アフリカ

 血で血を洗う民族抗争により百万人もの犠牲者が出ても、世界から見放され、捨て置かれる絶望とはいかなるものか――平和な国に暮らす人間には想像さえ及ばない。「何ひとつ確かなものがない状況のなか、私たちもいずれ殺されることだけは明らかだった。それだけは確信しました。その時、自分の取るべき道がはっきりとわかったのです」 一九九四年、アフリカ中央部の小国ルワンダでフツ族とツチ族の対立が激化し、百日間に百万人が殺される大虐殺が起きた。そのさなか、ポール・ルセサバギナさん(五一)は、自らが支配人を務めていた首都キガリの高級ホテルに千二百六十八人を匿い、手当たり次第ツチを殺すフツ民兵の手から守った。ルセサバギナさん自身はフツだが、妻はツチである。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top