コンゴ初の民主的選挙が招く国際的な資源争奪戦

執筆者: 2006年9月号
エリア: アフリカ

 アフリカ中央部の資源大国コンゴ民主共和国(旧ザイール)で七月三十日に一九六〇年の独立以来初の民主的選挙が実施されたのを受け、世界の巨大鉱業資本の新規投資や増産の動きが活発になっている。 同国では金、ダイヤモンド、銅、コバルト、マンガン、スズなどの埋蔵が確認され、特にコバルトは世界の埋蔵量の約六五%を占めるという。鉱山は国の基幹産業だったが、九六年からの内戦で壊滅状態になった。 和平協定に基づいて〇三年に暫定政府が樹立され、今回の選挙となった。世界最大の鉱山会社・英BHPビリトン社は六月、首都キンシャサに事務所を開設すると発表。南東部シャバ州で、地元企業との銅採掘、カナダ、オーストラリアの企業との合弁でダイヤモンド採掘に乗り出す計画を明らかにした。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top