楽天でいま何が起こっているのか

執筆者:本田真澄 2007年4月号
タグ: 日銀 日本

重要人物の相次ぐ退社はなぜなのか。創業十周年を迎えた楽天が迫られているのはTBS問題の決着だけではない。「楽天社内で『何か』が起きている。国重(惇史副社長)もいずれ三木谷(浩史社長)に切られるんじゃないか」 TBS株を大量に保有(発行済み株式数の約一九・〇九%)する楽天との「休戦協定」が失効した直後の三月はじめ、TBS関係者は楽天の経営中枢の「異変」を気にしていた。 楽天に対する不信感の第一は、TBSが求めた楽天保有株の議決権凍結措置の再延長が行なわれなかったことに対するものだが、それ以上に、二〇〇五年十一月から一年三カ月も提携交渉を続けてきたTBS幹部の間には「三木谷社長のワンマン色が強まっている」(ある幹部)ことへの疑心が感じられた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top