都知事選、政党のかくれんぼ

執筆者: 2007年5月号
エリア: アジア

 政党は何のために存在するのか。選挙で多数を得、最終的には権力を握るためである。にもかかわらず、統一地方選挙では安倍晋三首相、小沢一郎民主党代表はまったく存在感がなく、政党も前面に出てはマイナスとばかり陰に隠れてしまった。政党が公認したり推薦すると勝てる選挙も勝てなくなる、という思惑が候補者側にある。だから、知事選挙で当選した十三人、政令指定都市市長四人、すべて「無所属」である。 情けないのは共産党をのぞく政党自らそのことを自覚して、政党隠しをしていることである。その結果、何が争点だったのかさっぱりわからないまま終わってしまった。十三の知事選のうち現職九人が全員当選したのも、政党が後ろに下がってしまったため選択肢を提示できなかったことも一因だろう。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top