やがてニューヨークを抜き、世界一の金融センターの座をうかがうロンドン。いま活況を呈するこの街の姿をイギリスきってのジャーナリストが描く。踊る倫敦――。[ロンドン発]踊るロンドン――一九六〇年代、ロンドンは世界の文化の中心だった。ビートルズ、ファッション、学生運動、映画、自由奔放な若者……堅苦しい帝国主義のイメージをかなぐり捨て、イギリスが目の前の快楽を追って“今を生きた”時代だった。 そして再び、ロンドンがスウィングし始めている。ただし、六〇年代と違い、現代のロンドンが先端を走るのはファッションや娯楽ではない。いまやロンドンは、世界で最も重要な金融とビジネスの中心として、ニューヨークの地位を脅かすまでになっている。大英帝国の絶頂期が過ぎて以来、今日ほど、この古い街が忙しく活気に満ち、豊かで、世界に影響力をもったことはない。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top