“待たされた男”ブラウン英首相の前途

執筆者:マイケル・ビンヨン 2007年7月号
タグ: 日本
エリア: ヨーロッパ

相手は人気の高いキャメロン保守党党首。十年余も待ってへたをすれば短命政権に終わるかもしれない男の心中は――。[ロンドン発]彼は、その“椅子”が空くのを十年以上も待ちつづけた。その間、堅実な財政運営で英国をかつてない繁栄へと導き、アフリカの貧困救済と途上国の債務軽減へ向けて陣頭指揮をとったことで国際社会から高い評価を得ながら。 そして遂に、時来たれり。彼、ゴードン・ブラウン(五六)は六月末、トニー・ブレアの後継として英国首相に就任する。労働党が野党だった一九九四年、ブラウンは自ら身を引いてブレアに党首の座を譲った。あれがなければ、もっと早くに首相官邸「ダウニング街十番地」の住人になっていたのかもしれないが、十年余りの時を経て、英国はこの謎多き男にその舵取りを委ねることになる。そう、ブラウンは、有権者ばかりか、友人や労働党にとっても、いまだ“顔のよく見えない人物”なのだ。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top