中国に太陽電池を売る歓迎すべきドイツの動き

執筆者:山田明彦 2007年7月号
タグ: ドイツ 中国 日本

 世界で普及が進む太陽電池。なかでも、二〇〇四年に年間の新設量(出力ベース)で日本を抜いて世界首位に立ったドイツでは、太陽電池モジュール(主要部品)を扱う企業だけで四十社を超える。これらドイツ企業は主に自国向けに生産・出荷していたが、環境ビジネスとしての中国市場に食指を動かす。 その一例がコナジー社だ。同社は自社ブランド製品を他企業に委託生産(OEM)して販売していたが、今年二月に太陽電池モジュールを自社生産すると発表。その出荷先としてアジア地域をにらみ、韓国で太陽光発電所を建設する意向だ。五月下旬には上海に事業所を新設した。

カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top