「iPhone」が放った三つの衝撃波

執筆者: 2007年10月号
エリア: 北米

アップルの野心作が世界に与える影響は大きい。パソコンから“ITの主役”の座を奪う動きが決定的に――。 八月下旬、米ニュージャージー州に住む十七歳のジョージ・ホッツ君は一躍、時の人となった。本来なら米AT&Tと通信契約を結ばなければ動かない米アップルの新型携帯電話「iPhone(アイフォン)」を、他の携帯電話の通信事業者(キャリア)のサービスでも使えるようにする「改造方法」を編み出し、詳細な手順をブログに掲載したからだ。米ニューヨーク・タイムズ紙をはじめ主要メディアがこぞって取り上げ、表情にあどけなさの残るくせ毛の少年の写真が世界に配信された。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top