日本のケネディ家?

執筆者:名越健郎 2007年11月号
エリア: アジア

 自民党は振り子の振幅が激しい政党で、左がだめなら右、右がだめなら左に振って目先を変え、長期政権を維持してきた。 戦後生まれで右の安倍晋三前首相がこけると、今度は「もう年だから」と総裁選出馬を辞退していた左の福田康夫氏。就任直後の世論調査の支持率は上々で、当面の危機を切り抜けた。 しかし、福田氏自身が「場合によっちゃ貧乏クジかもしれんよ」「一歩でも間違えれば、自民党が政権を失う」と認めるように、次回総選挙次第で野党に転落しかねない背水の陣内閣だ。「プライドが高い」「皮肉屋で冷淡」「人付き合いが悪い」といわれる福田首相は名門・福田家のプリンス。わが国の政治史上初めて親子の首相就任が実現した。それにしても、福田家だけでなく、鳩山家、石原家、麻生家など「日本のケネディ家」が多すぎる気がする。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
名越健郎 1953年岡山県生まれ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長、編集局次長、仙台支社長を歴任。2011年、同社退社。拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学特任教授を経て、2022年から拓殖大学特任教授。著書に、『秘密資金の戦後政党史』(新潮選書)、『ジョークで読む世界ウラ事情』(日経プレミアシリーズ)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top