世界を歪める産油国マネーの膨張スパイラル

執筆者:五十嵐卓 2008年2月号
エリア: 中東

「一〇〇ドル原油」は“第三次石油危機”の象徴だ。無限循環で増え続ける産油国マネーと政府系ファンドのリスクは限りなく大きい。 二〇〇八年の世界経済は日欧米の株式相場の急落、ドル急落など波乱の幕開けとなった。引き金となったのは、原油先物市場だ。新年二日にニューヨーク・マーカンタイル取引所のWTI原油先物は、史上初めて一バレル一〇〇ドルに乗った。一〇〇ドル突破はとりあえず瞬間的な出来事だったとはいえ、原油価格が昨年秋以降、九〇ドル台を安定して維持していることは、原油価格のステージが歴史的な代替わりを遂げたことを示している。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top