タリバンの口止めを忘れた「007の後輩」たち

執筆者: 2008年2月号

 アフガニスタン政府は昨年十二月末、謝礼と引き換えにタリバンから情報収集を行なって国家を危険にさらしたとして、外国人二人を国外退去処分にした。 カルザイ大統領のスポークスマンは「外国の高官」としか明かさなかったが、イギリス各紙によると、追放されたのは、イギリス人マービン・パターソンとアイルランド人マイケル・センプル。パターソンは国連職員として、センプルはEU(欧州連合)代表代行として長年アフガニスタンに駐在し、現地のダリー語を流暢に話すなどアフガニスタン専門家として知られる存在だった。一方で、英諜報機関との関係も取り沙汰される。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top