ブックハンティング・クラシックス
ブックハンティング・クラシックス (36)

初めて「世論」を正面から分析した若き俊英の懸念と楽観

執筆者:村田晃嗣 2008年3月号
エリア: 北米

『世論』Public Opinionウォルター・リップマン著/掛川トミ子訳岩波文庫(上・下巻) 1987年刊 ウォルター・リップマン(一八八九―一九七四年)は、二十世紀を代表するジャーナリストであり、『世論』はその代表作である。 本書が刊行されたのは一九二二年、著者が弱冠三十二歳の年であった。 レクイエム風に言えば、この年は大隈重信と山県有朋がいずれも八十三歳で、そして、森鴎外が六十歳で死去した年であり、明治国家建設の第一世代がほぼ退場しきった頃である。海外では、発明家のアレキサンダー・グラハム・ベルが七十五歳で、小説家のマルセル・プルーストが五十一歳で世を去っている。

カテゴリ: カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top