ブックハンティング・クラシックス
ブックハンティング・クラシックス (70)

ベストセラー『ヒトラーとは何か』作者が描く「奇蹟」「錯誤」と「ユダヤの血」(中)

(4)ユダヤ人問題

 本書『ヒトラーとは何か』(赤羽龍夫訳、草思社、1979年刊)第3章の「成功」で作者のセバスチャン・ハフナーは、アドルフ・ヒトラーは「右」だったのか「左」だったのかを議論している。

 世間的には「極右」とみられるナチスのこの独裁者をハフナーは、「決してそう簡単に極右に組み入れるわけにはいかない」と言う。

 また、ヒトラーは「決して民主主義者ではなかった」としている。実際、ヒトラーが支配したナチス、つまり「国家社会主義ドイツ労働者党」(NSDAP)なる党名のどこにも「極右」という用語は見当らない。それどころか、「社会主義(ゾツィアリスティッシュ)」とか「労働者(アルバイター)」などナチス党名に使われている用語は通常、左翼政党が好むものである。ところが、実体的には「極右」であるナチスはずる賢くもそれらを党名中に組み込んで、通常ならば「ドイツ社会民主党」(SPD)や「ドイツ共産党」(KPD)に流れるはずの票を手にしたのだった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
佐瀬昌盛 防衛大学校名誉教授。1934年生れ。東京大学大学院修了。成蹊大学助教授、防衛大学校教授、拓殖大学海外事情研究所所長などを歴任。『NATO―21世紀からの世界戦略』(文春新書)、『集団的自衛権―論争のために』(PHP新書)など著書多数。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top