五輪後の中国経済を待つ「滝壺転落」の懸念

執筆者:新田賢吾 2008年10月号
エリア: アジア

オリンピック後の一時的落ち込みは日韓も経験した。だが、中国は高度成長そのもののピークと五輪が重なり、矛盾の一気噴出も――。 中国の宿願だった北京オリンピックが無事閉幕した。事前のチベット自治区での騒乱、新疆ウイグル自治区でのテロや開会式での「口パク」やCG花火の偽装、大会期間中の北京市内での度を越した規制など「問題のデパート」の観もある五輪だったが、中国がやり遂げたことは紛れもない事実だ。一九六四年の東京五輪、一九八八年のソウル五輪を経た日本、韓国は、五輪直後の一時的な落ち込みはあったものの、経済力を一段と増し、政治、社会も成熟化した。五輪は幅広い意味で両国にとって登竜門だった。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top