崩れる「油上の楼閣」

執筆者:名越健郎 2009年4月号
エリア: ヨーロッパ

 新興国で世界金融危機の打撃を最も受けているのがロシアだ。頼みの石油価格は下落し、株価は7割強も暴落。企業の倒産や労働者の解雇が続き、銀行の取り付け騒ぎも伝えられる。 巨額のオイルマネーでロシアの鼻息が荒かったのは過去の話。首都モスクワの建設工事はストップし、ブランド店は閑古鳥が鳴いている。短期間での不況到来は、ロシア経済が資源依存の「油上の楼閣」だったことを示した。 ロシアの苦境を見ると、イソップ寓話の「アリとキリギリス」を思い出す。製造業をさぼり、外国製高級車やブランド品を買い漁り、海外旅行を謳歌したキリギリスのツケは、アネクドートの世界にも投影されている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)、『北方領土はなぜ還ってこないのか』(海竜社)など。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top