それでも外需にすがる日本の危うさ

執筆者:石山新平 2009年7月号
エリア: 日本

政府が発表した「アジア版ニューディール政策」。アジアからのウケがいまいちなのは、従来型の発想から抜け出せていないからだ。 今度こそ日本はヒーローとなり、アジアの首脳たちから喝采を浴びることになる――。麻生太郎首相と取り巻きの官邸のスタッフは、その日を待ち望んでいた。 四月十二日、タイのパタヤで予定されていた東アジアサミット(首脳会議)。麻生首相自らが、世界の経済金融危機で打撃を受けたアジア諸国への「貢献策」を大々的に打ち出すことになっていたのだ。もはや世界経済のエンジンは「アジア」しかない。そのアジア経済へのテコ入れは、世界経済復興のカギであり、日本の貢献は世界から高く評価されるはずだ――。首相周辺はそんな思惑を抱いていた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top