穀物メジャーの参入で中国種子産業淘汰の危機

執筆者:西原哲也 2009年8月号
タグ: 中国
エリア: 中国・台湾

 俗に「種子を制すれば農業を制す」と言われるが、今中国で種子市場が注目されている。スイスのシンジェンダ、米モンサント、米デュポン系列の種子開発販売会社パイオニアなど、世界の穀物メジャーが中国市場での業務拡大を強化する一方、未成熟な国内種子産業は外資の拡大に危機感を募らせており、巨大市場を舞台にした「種子戦争」が始まりつつある。 中国の農作物の種子市場は昨年末時点で、既に五百五十億元(約八千五百八十億円)を突破した。人口増加や経済成長を背景に、潜在市場価値は九百億元に上り、世界最大とみられている。

カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top