霞が関改革 民主党政権はいかに戦うべきか

執筆者:原英史 2009年10月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

政権交代で霞が関改革は進むのか。渡辺喜美行革担当相補佐官を務め、先ごろ退官した改革派官僚が、民主党へメッセージを送った。 この夏、城山三郎氏の「官僚たちの夏」がテレビドラマ化されて話題を呼んだ。昭和三十年代の通産省を舞台に、後に事務次官となる主人公の風越信吾はこう語る。「おれたちは、国家に雇われている。大臣に雇われているわけじゃないんだ」 戦後日本の復興のため何物にも怯まない主人公を象徴するセリフだが、「脱官僚主導」が焦点となる今日、違和感を覚える人もいるかもしれない。 だが、私は、官僚がこうした気概を持つこと自体は、何ら否定すべきではないと思う。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
原英史 1966(昭和41)年生まれ。東京大学卒・シカゴ大学大学院修了。経済産業省などを経て2009年「株式会社政策工房」設立。政府の規制改革推進会議委員、国家戦略特区ワーキンググループ座長代理、大阪府・市特別顧問などを務める。著書に『岩盤規制―誰が成長を阻むのか―』、『官僚のレトリック』など。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top