デルタとアメリカンにとってのJALの「価値」

執筆者:ダン・リード 2009年12月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: 北米

[フォートワース発]日本航空(JAL)の経営陣や従業員、そして日本政府にとって、日航との資本・業務提携を申し出ているデルタとアメリカンの米航空二社は白馬の騎士に見えるかもしれない。 いずれも旅客数で世界最大規模の航空会社だが、日本のフラッグキャリアを守ろうとしているわけではないし、日航に三億―十億ドル(約二百七十億―九百億円)も楽々出資できるほど手元資金が豊富なわけでもない。実際、今年七―九月期、デルタは一億六千百万ドルの赤字を計上。アメリカンの親会社であるAMRも三億五千九百万ドルの赤字を計上している。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top