麻生時代より後退した「脱官僚法案」のお粗末

執筆者:白石均 2010年3月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

「政治主導」「公務員制度改革」に関わる法案が相次いで打ち出されている。(1)「国家戦略局」の設置などを内容とする「政治主導確立法案」が二月五日に閣議決定、(2)幹部人事制度や「内閣人事局」の設置などを内容とする「国家公務員法等改正案」が九日に内閣府政策会議にかけられた。このほかに、(3)政府に入る国会議員数を七十四人から八十九人に増員する議員立法も別途準備中。三本立てで今国会成立を目指しているのだ。 ようやく「脱官僚」が本格的に動き出したかのような報道もあるが、それは大間違いだ。「政治主導確立法案」は、「国家戦略局」に入る国会議員の数がわずか二名に限られ、「政治主導」は完全に看板倒れ((1))。政府に入る国会議員数も、昨夏のマニフェストでは「百名」のはずだったのに、いつの間にかわずか十五名増員へと尻すぼみだ((3))。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top