公式発表の裏側を読む

執筆者:原英史 2010年9月1日
エリア: アジア

 「行政のウォッチングの部屋」で、行政のさまざまな動きについてご紹介していくことになりました。
行政の世界で起きていることは、外から見ていると、わかりづらいことが多いと思います。「事実」は、日々、新聞などで報道されています。しかし、こうした報道は、役所からの“公式発表”に乗っかったものや、表層的な事実だけなぞったようなものが少なくありません。そうした表層の裏側に、本当に大事な事柄が隠されているのです。

 一つだけ例を挙げてみましょう。
参院選後から、「国家戦略室の機能縮小」が話題になっています。かつて民主党が看板として掲げた「政治主導」の枠組みづくりの根幹をどうするのか、今後の党代表選や秋の臨時国会でも重要テーマになることでしょう。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
原英史 1966(昭和41)年生まれ。東京大学卒・シカゴ大学大学院修了。経済産業省などを経て2009年「株式会社政策工房」設立。政府の規制改革推進会議委員、国家戦略特区ワーキンググループ座長代理、大阪府・市特別顧問などを務める。著書に『岩盤規制―誰が成長を阻むのか―』、『官僚のレトリック』など。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top