中国の没落につけ込んだ倭国

執筆者:フォーサイト編集部 2010年10月25日

 昨日の衆院北海道5区補選で、民主党が惨敗しました。朝日新聞は「政治とカネ」が焦点になった選挙に負けたのだから、小沢一郎氏の政倫審での説明が今後の焦点になると書いていますが、また小沢問題で新聞がはしゃぐのかと思うとうんざりです。それよりも補選のきっかけは組合がらみの犯罪なのですから、民主党は組合との関係を再考せよ、国家公務員給与と人事院勧告の問題を見直せ、という流れにはならないものなのでしょうか(「国家公務員給与法改正:『人事院勧告どおり▲1.5%』は納得感を欠く」)。

 本日の更新記事は、関裕二さんの「国際人のための日本古代史(9)中国の没落につけ込んだ倭国」。古代の日本外交は、現在よりもしたたかだったようです。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top