TPPから始まる東アジアの陣取り競争

執筆者:加瀬友一 2010年11月12日
エリア: 日本
TPP参加反対を訴える農林水産業関係者ら(c)時事
TPP参加反対を訴える農林水産業関係者ら(c)時事

 TPP、FTA、EPA、APEC……。英字の略語が飛び交う報道は、もういい加減に勘弁してほしい。そう感じている読者は多いのではないだろうか。通商問題の報道は、まるで横文字の専門用語の吹き溜まりのようだ。TPPをめぐる論争が永田町と霞が関で過熱する一方で、その本質を理解している者は、一般国民に限らず政治家や官僚にも多くはないだろう。

 TPPとはTrans–Pacific Partnershipの略。日本のマスコミ報道では「環太平洋経済連携協定」などと訳している。太平洋を取り囲む国々で自由貿易の仲間を作り、経済で緊密な提携関係を築こうという構想である。現在の推進役は米国のオバマ政権だ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top