さらなる合併・統合は行わない東京三菱の経営戦略

執筆者:須田慎一郎 2000年4月号
タグ: ドイツ

三和・あさひ・東海の統合発表により、四つのメガバンクが誕生、日本の金融再編はこれで、一段落つく形となった。いち早くメガバンクとなった東京三菱は他のグループに対して優位ではあるが、国際的な金融競争では、日本勢は総じて出遅れた観が否めない。「(大手銀行間の)合併・再編の動きは、これで終わりではない。今から四、五年後に再び合併・再編の動きが出てくるだろう。そして、その時の合併・再編は、国境を超えた形となることは間違いない――」 日本興業銀行の西村正雄頭取はこう断言する。この発言は、今後の金融業界の動向を探る上で、極めて示唆に富んだものである。

カテゴリ: 経済・ビジネス 金融
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top