南北朝鮮首脳会談を契機に強まる中国の影響力

執筆者: 2000年5月号
タグ: 中国 北朝鮮 韓国

 六月十二日から予定される南北首脳会談を通じて、中国が朝鮮半島への影響力を強めそうだ。ソウルの情報関係者によると、首脳会談の準備の最初から発表までの経緯を中国が詳しく知っていると同時に、南北間の非公式な仲介者として深く関与してきたという。首脳会談について説明するため、韓国が派遣した外交団が最初に中国を訪れたことも、こうした経緯と無縁ではない。 中国が関与するようになったのは、首脳会談についての南北秘密協議の舞台が北京だったからだ。だが、中国政府は南北特使の入国手続を簡素化するなど便宜をはかる一方、公安当局は会談準備のためにやってくる南北特使を「学生」という暗号コードをつけて特別に管理していた。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top