中国の食糧増産の切り札 放射線農業とは何か

執筆者: 2000年12月号
タグ: 中国
エリア: アジア

 中国が放射線農業の推進に力を注いでいる。 中国農業科学院によると、放射線を活用してつくりだした新種の農産物の作付け面積は、三百三十三万ヘクタールに達し、年間に三十三億二千万元の収益を上げている。 中国の放射線農業は、四十年以上の歴史をもち、「植物放射線誘発変異育種」開発、食品放射線加工などいくつかの分野に分けて、専門家の育成を急いでいる。特に「変異育種」の分野では、これまでに四十種あまりの植物で五百以上の新品種をつくり出した。 この結果、年間に食糧が三百万トンから四百万トン、綿花が十五万トンから十八万トン、それぞれ増産されている。

カテゴリ: 環境・エネルギー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top