遠く離れた地から日本に浸る一日

執筆者:梅田望夫 2001年6月号
タグ: 日本 フランス

 朝はいつも四時半か五時に起きて勉強を始める。しだいに夜があけ、何種類かの小鳥がさえずり、ひんやりとして乾いた風が東向きの窓から流れ込む。庭に咲くスター・ジャスミンの甘い香りが鼻を刺激し、木々の葉や芝の緑が目に鮮やかである。そんな五月の美しい早朝が私を戸外へと誘った。 思わず、ジャック(ラブラドール犬、黒、雄、五歳)と一緒に歩き始めてしまった。生まれたての太陽がだんだんと力を増していくのを腋の汗から感じつつ早足で歩いた。近所の庭のスプリンクラーからほとばしる水を、ノズルに直接口をつけてガッシガッシと勢いよくたっぷり飲んだ後、尾を振って芝を舐めまわるジャックの満ち足りた姿を見て、私の頭の中で何かがはじけた。

カテゴリ: IT・メディア
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
梅田望夫 1960年東京都生れ。94年渡米、97年コンサルティング会社ミューズ・アソシエイツを起業。著書に『ウェブ進化論』(ちくま新書)、『ウェブ時代をゆく』(同)、『ウェブ時代 5つの定理』(文藝春秋)、『ウェブ人間論』(共著、新潮新書)など。メジャーリーグの野球、そして将棋の熱烈なファン。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top