テレビ報道に八つ当たり

執筆者:成毛眞 2003年5月号

 イラク戦争が始まって二日ほどテレビにかじりついていた。ブッシュと彼を支持しているアメリカ国民の愚かさにあきれ、アメリカを支持するという選択肢しかない日本の悲哀をかみ締めながらのまさに観戦である。 戦争初日は圧倒的に内容は民放のほうが濃かった。なにしろ戦闘開始まえから特番が始まっていたのだ。すでに編集済のイラク戦争までの経緯VTRなどが用意され、コメンテーターも待機していた。番組の担当者は心の奥底で、どうせおっぱじめるなら特番中に始めて欲しいと思っていたのではないか。 いっぽうのNHKは予定の番組を中断して臨時ニュースとしての扱いである。アナウンサーが次々と入る外電を読み上げ「少々お待ちください、新しい情報が入りました」などと切迫感を演出していた。局のお偉いさんから「待ってましたといわんばかりの報道はやっぱまずいよ」というお達しでもあったのだろうか。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
成毛眞 中央大学卒業後、自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年、マイクロソフト株式会社に入社。1991年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。2011年、書評サイト「HONZ」を開設。元早稲田大学ビジネススクール客員教授。著書に『面白い本』(岩波新書)、『ビジネスマンへの歌舞伎案内』(NHK出版)、『これが「買い」だ 私のキュレーション術』(新潮社)、『amazon 世界最先端の戦略がわかる』(ダイヤモンド社)、『金のなる人 お金をどんどん働かせ資産を増やす生き方』(ポプラ社)など多数。(写真©岡倉禎志)。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top