1998年8月

執筆者:名越健郎 2003年8月号
エリア: 北米

 ヒラリー・クリントン前米大統領夫人の回顧録『リビング・ヒストリー』は、いきなり初版100万部が出版され、快調な売れ行きのようだ。全562ページの分厚い本だが、最も注目を集めたのは、予想通りクリントン氏が夫人に対し、モニカ・ルインスキーさんとの不倫を認めたシーンだった。「私は泣き出し、叫んだ。どういうことなの? 何を言っているの? 何でウソをついたの?…… ビルは『すまない。君とチェルシー(長女)を守るためだった』と答え、ただ立ち尽くしていた」 1998年8月15日朝、夫人の寝室での会話だが、そのディテールは、全米にあの記憶をよみがえらせた。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)、『北方領土はなぜ還ってこないのか』(海竜社)など。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top