「モディノミクス」正念場のモンスーン国会に嵐の予感

執筆者:緒方麻也 2015年7月6日
タグ: 中国 インド
エリア: アジア

 頻繁な誤作動はあるものの、一応は「民主主義国」であるインドの政策立案・遂行には絶えず抵抗勢力が立ちふさがり、無為に長い時間が過ぎていく。それと比べると、議会や野党が存在せず、政府批判を展開するマスコミもない中国では政府が決めたことが即実行に移され、為政者はずいぶん楽だなあと思っていたが、血みどろの権力闘争や国家主席の暗殺計画などの報道を見るとどうもそうでもなさそうだ。それほど複雑な陰謀や政争があるとも思えず、汚職で失脚したはずの政治家がいつの間にか復権しているインドは、意外と甘いのかもしれない。それが緊張感の欠如を招いている、とも言えるのだが――。

カテゴリ: 経済・ビジネス 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top