追い詰められたインド酒造王:「経営者失格」か「失政の犠牲者」か

執筆者:緒方麻也 2016年5月2日

 インドの「酒造王」としてビジネス界に君臨し、豪華なサービスで知られたキングフィッシャー航空(KFA)のオーナーとして話題を振りまいた著名実業家ビジャイ・マリヤ氏(60)が、崖っぷちに追い込まれている。KFAが国営ステート・バンク・オブ・インディア(SBI)など17行から借り入れた約940億ルピー(約1560億円)が債務不履行に陥り、IDBI銀行からの90億ルピー(約150億円)の借入金をめぐってはマネーロンダリング疑惑まで浮上している。4月24日には、ついにインド外務省がマリヤ氏のパスポートを無効とする決定を行った。マリヤ氏本人は3月2日に「国外脱出」し、捜査当局や裁判所の出頭命令を無視してロンドン郊外に滞在しているが、インド政府が今後、強制送還や英当局への身柄引き渡し要請などに踏み切る可能性も出てきた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top