国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史 (76)

「死者をどう葬るか」という大テーマ

執筆者:関裕二 2016年7月8日
タグ: 日本

「まだお若いのに」と惜しまれる訃報が、今年は多い気がする。鳩山邦夫氏もそのひとりだが、モハメド・アリやデヴィッド・ボウイ、プリンスなど、海外の伝説的な人物も、あっけなく亡くなってしまった。人生、はかないものだ。
「死をどう迎えるか」は、人の永遠のテーマかもしれない。そして、死者をどう葬るかは、生きる側の死生観と大いにかかわってくる。

なぜ白骨化させるのか?

 古代日本人の葬送も、ユニークだ。「魏志倭人伝」に、3世紀の倭国の葬儀の様子が記録されている。
 
 死ぬと棺に納め、土を盛って冢(塚、墓)を造る。人が亡くなると10余日、殯(もがり、埋葬する前に各種の儀礼を行うこと)をする。この間、肉は食べず、喪主は哭泣(こっきゅう)し、みなは歌い舞い、飲食する。葬ったあと、水辺で沐浴する……。

カテゴリ: カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。武蔵野学院大学日本総合研究所スペシャルアカデミックフェロー。著書に『聖徳太子は蘇我入鹿である』(ワニ文庫)、『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)、『「死の国」熊野と巡礼の道: 古代史謎解き紀行』 (新潮文庫)など多数。最新刊に『神武天皇 vs. 卑弥呼 ヤマト建国を推理する』(新潮新書)、『古代日本人と朝鮮半島』(PHP文庫)、『「始まりの国」淡路と「陰の王国」大阪: 古代史謎解き紀行』(新潮文庫)がある。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top