【木】米軍との相互運用性、ローザンヌ条約

執筆者:フォーサイト編集部 2016年11月10日
タグ: 自衛隊

「専門家の部屋」では、「安全保障」に「軍事『情報技術革命』が迫る米軍との『相互運用性』」(林吉永さん)の新エントリ。情報通信技術の発達に伴い、同盟国間では装備の相互運用性が求められるようになります。当初は自国の防衛産業保護の立場から、フランスはこれを拒否していましたが、結局装備の米国仕様化に踏み出しました。F-35Aを導入した航空自衛隊もますますこの方向に向かうでしょう。

「池内恵の中東通信」では、「ローザンヌ条約で確定した国境と、それ以外の部分」の新エントリ。現在のトルコの政治外交の基本となっているローザンヌ条約にも、トルコから見れば不満な要素はあります。エルドアン大統領はその点に疑問を呈しているわけですが、それが「より現実的な解決策」と受け止められる時代が来ることも考えられます。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top