【月】メディアパルト、中国、中東、
   2017年の注目点

執筆者:フォーサイト編集部 2017年1月2日

皆さま、明けましておめでとうございます。2017年も、フォーサイトをよろしくお願い申し上げます。年末年始に以下の記事をアップロードしました。


「『トランプ大統領』登場で世界の製造業に起きる『地殻変動』」(後藤康浩さん):低コストの途上国から生産拠点を米国に戻すーートランポノミクスが世界の潮流を変えそうです。実際、すでに人件費などのコストは途上国での優位性も揺らいでいます。大きな地殻変動です。


「フォーサイト『2017年の注目点、気になること』(地域編)」(フォーサイト編集部):フォーサイト常連筆者による、「2017年の注目点、気になること」。地域編は16人分。やはりトランプ新政権誕生を避けて通るこはできません。


「仏ニュースサイト『メディアパルト』成功の秘密(上)なぜ『有料課金モデル』なのか」(広岡裕児さん):広告なし、有料課金のモデルで大成功を収めるフランスのニュースサイト『メディアパルト』。その成功の秘密は何なのか。ネットに流れる情報の信頼性が揺らぐ昨今、ニュースメディアのあり方を考えます。


「フォーサイト『2017年の注目点、気になること』(テーマ編)」(フォーサイト編集部):フォーサイト常連筆者による2017年の注目点テーマ編。企業経営、外国人労働者、インテリジェンス……などなど。


「習近平『真の戦場』は軍の『大手術』」(宮本雄二さん):今年、5年に1度の党大会を迎える中国共産党。習近平氏の最大の課題は軍との関係。元中国大使の宮本雄二さんが見通します。


「池内恵の中東通信」では、「シリア内戦の停戦はロシア・トルコとイランが主導」の新エントリ。アメリカ抜きで進むシリア停戦は、シリアでの、ロシア、トルコ、イランの勢力を確保する形で進む方向。今後のシリア分割統治の仕組みが現れ始めています。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top