深層レポート 日本の政治
深層レポート 日本の政治 (200)

憲法改正で「勝負手」を打った安倍首相の「焦り」

2017年5月25日
エリア: アジア
メッセージは「焦り」の表れだったのか(C)時事

 

 安倍晋三首相は5月3日の改憲派集会「第19回公開憲法フォーラム」に寄せた自民党総裁としてのメッセージと読売新聞のインタビューで、新憲法を2020年に施行するという強い決意を示した。しかも、焦点となっていた憲法9条の改正にも手をつけるという。

 この意思表明は、安倍首相の「勝負手」(読売新聞)だと受け止められた。勝負手とは、囲碁や将棋で一か八かの運命をかけた一手のことである。勝負手は劣勢を覆して形勢逆転を狙う一手でもある半面、さらなるピンチを招く危険性もある。つまり、これは安倍首相が悲願の憲法改正実現、特に9条改正を実現させるためのものであるとともに、失敗の可能性もあるぎりぎりの手段でもある。安全策ではなく、博打を打たなければいけなかったところに、安倍首相の焦りが透けて見える。

カテゴリ: 政治 社会 カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top