印中「国境紛争」収拾にみる「大人の関係」

海抜4785メートルもの高さにあるアルナチャル・プラデシュ州(インド)の印中国境。いつ紛争が起こってもおかしくはない (C)AFP=時事

 

 インドに隣接するヒマラヤの小王国ブータンと中華人民共和国の係争地ドクラム高地(中国名ドンラン)を巡り、インド・中国の両軍が対峙していた事態は、8月28日、両国政府が「即時撤退」で合意。数百人の両国兵士がわずか100メートル余りの距離でにらみ合っていた緊張は、約2カ月半ぶりに「解決」した。

 両国政府はこの間、一歩も引かずに非難合戦を展開。中国軍がチベット自治区で実弾演習を行い、インドのナレンドラ・モディ首相も8月15日の独立記念日の演説で、「インドには国を守る力がある」と宣言した。双方のメディアはもちろん、外国のニュースサイトなどにも「戦争に発展する可能性も」「事態はかつてなく緊迫」などと、対立をあおるような報道が散見された。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top