「第一三共」を翻弄:シン兄弟に下った「天罰」

2008年6月、第一三共によるランバクシー買収を発表するマルビンダー・モハン・シン氏(左)。右は庄田隆・第一三共社長(当時)(C)AFP=時事

 

 インド最大手の病院チェーンで、海外での派手な企業合併・買収(M&A)で知られた「フォルティス・ヘルスケア」のオーナーであるマルビンダー・モハン・シン会長兼社長とシビンダー・モハン・シン副会長の兄弟が、日本の製薬会社大手「第一三共」へのランバクシー・ラボラトリーズ株売却を巡って巨額の賠償を命じられたほか、不正な資金流用疑惑の渦中に追い込まれている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top