ロダンも挑んだ「ヌード」という「芸術」

オーギュスト・ロダン《接吻》(部分) 
1901~4年 ペンテリコン大理石 182.2×121.9×153.0㎝
Tate: Purchased with assistance from theArt Fund and public contributions 1953,image © Tate, London 2017

 

 誰もが持つ肉体を美の象徴として、愛の表現として、多くの芸術家が表現し続けてきた「ヌード」。しかし、一方でヌードは常に芸術家が生きた社会を纏い、世間と摩擦を生み出してきた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top