「駐日ロシア大使」が語る日露関係発展という「同床異夢」

6月21日、都内で講演するガルージン駐日ロシア大使 (C)時事

 

 ウラジーミル・プーチン大統領と安倍晋三首相による日露首脳会談は、5月26日に行われたもので通算21回目となった。第2次安倍内閣発足後の約5年半でこの回数とは、まるで同盟関係のような親密ぶりを思わせる。

 だが現実の日露関係は、期待と失望を繰り返すばかりで、会談の回数ほどの進展はあったとは言い難い。ロシアは日露関係をいったいどう認識しているのか、そもそもロシアは今の国際社会をどうとらえているのか――。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top